増額審査時に気を付けたい事はなんでしょうか?

増額申請でも審査がある

カードローンの申し込みはそんなに難しいものではありません。正社員じゃなくても専業主婦やパート、アルバイトといった人でも審査に通ることができます。保証人や担保がなくてもいいので、気軽に申し込めます。なによりも、借りたお金の使い方はとても自由。住宅ローンやマイカーローンのように、使い道が限定されていないのです。

 

カートローンの利用時には、利用できる融資限度額を設定しますが、この範囲内であれば何度でもお金を借りる事ができます。融資可能な限度額を低く設定してしまうとすぐに制限がかかってしまいますが、高く設定してしまうと使いすぎてしまうといった怖さもあります。身の丈に合った金額を設定するようにしましょう。ちなみに、返済することでまた借りられるようになります。

 

利用限度額は、最初に決めた金額がずっと適用されるわけではなく、定期的に見直しがおこなわれます。また、逆に利用者側から増額を希望することもできます。増額するにはカードローンを申し込んだ時のように審査があり、この審査をパスしないと増額はおこなわれません。この時、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書の提出が必要となります。

 

増額審査では、これまでの利用実績や返済実績などが調べられます。返済実績としては半年以上あることが望ましく、返済の遅延などがあると審査に結果は厳しいものとなります。さらに、他社からの借り入れがあると難しいので、完済するまで待った方がいいでしょう。また、勤務先や社会保険が変わったのに、それを連絡しないで黙っていると、信用度がかなり落ちるものとなりますので、それが審査をまた厳しくします。住所や電話番号も変更した場合は、すみやかに連絡するようにします。


支払いの延滞が審査を悪くする

カードローンは利便性に優れているので、今では多くの人が困ったときの手段として利用しています。携帯している銀行やコンビニのATMなどでお金を受け取れるので楽ですし、範囲内であれば何度でも借り入れできます。一枚持っておくと、もしもの際にとても重宝するのです。

 

カードローンはとても便利なものですが、そこで受け取ったお金はもらったものではないので、返済日までにお金を用意して返さなければいけません。返済方法はしっかりと計画してから借りるのが大事。カードローンの返済方法は、口座から毎月自動的に引き落とす方法から、ネット決済、ATMからの返済、振り込み、直接店頭に持ち込み…と、さまざま選択肢が多く、自分の払いやすい方法を選ぶことができます。

 

カードローンを利用するうえで気を付けたいのが、延滞です。うっかり返済日を忘れてしまったり、お金を用意できていなかったりした場合は、早い段階でカードローン会社に連絡するようにしましょう。延滞すると遅延損害金というお金が発生してしまいますので、さらに返済額が上がることに…。しかも、何回も延滞してしまうと信用度もどんどん下がってしまい、もしも融資の相談をすることになっても、審査に落とされてしまいやすくなるのです。


関連ページ

返済方法
カードローンの返済方法には、「約定返済」と「随時返済」の2種類。 どちらの方法で返済するかで変わってきます。