先に借りた借金があり、返済しながら借りる時の注意点は?

返済額の設定で変わる利息のトータル

消費者金融の借り入れの仕組みは、ほとんどがカードローン方式となっています。カードローンでは、返済能力がどれほどあるか審査し、そこから出た結果から利用限度額を設定していきます。ですから、おのずとこの限度額は個々によって異なるものとなります。限度額が設定されれば、その範囲内で何度もカードを使って借りることができるのです。

 

カードローンでは、この融資限度額の範囲内であれば何度でも借りられる事、提携先の金融機関やコンビニにあるATMから借り入れができるのはとても便利ではあるものの、利用限度額と返済方式マジックにより借りすぎてしまうといったリスクがあります。気が付いたらとんでもない金額…つまりは、そう簡単に返済できない金額にまで膨れ上がっていることもあるのですから要注意です。借りた金額だけでなく利息もプラスされるのですから、それも忘れてはいけません。

 

カードローンを利用する場合は、常に借り入れ状況を把握していないと危険。同時に、自分の返済能力もしっかりと把握しておかなくてはいけません。もしも利用限度額が30万円と設定されており、最初に10万円を借りたとします。翌月に返済日に利息をいくらプラスして返せばいいのかは、金融業者の返済方式で決まり、これは会社によって違うので一概にいうことはできません。

 

一般的には、返済がしやすいように最小返済額というのが設定されており、残高に応じて利息が加算され、その金額を返済することになります。最小返済金額に設定すれば毎月に返済額は少なくてすみますが、それだけ長い期間において返済し続けることになるので、トータルで計算した利息は高くなります。

 

毎月返済していくことで、利用可能額はまた増えていきます。10万借りて20万の利用が可能でしたが、5千円分を返せば21万5千円分の利用が可能になる…と、そんな感じに増えていくのです。


総量規制が適用されるカードローン、適用されないカードローン

平成22年に貸金業法が完全施工されたことによって、貸金業にも大きな変化が起こりました。総量規制の導入で、貸付金額が年収の3分の1までに制限されたのです。これまでは、融資の事はすべて審査で決めてきたのですが、総量規制によって一律に融資できるボーダーラインが決定されてしまったのです。

 

ただ、総量規制はあくまでも貸金業で定められているものなので、その縛りを受けるのは消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などです。銀行は適用されないので総量規制対象外となるのです。銀行に適用されるのは、貸金業ではなく銀行法という法律で、それには年収の3分の1以内といった制限はないので、それ以上の金額の貸し付けをおこなう事が可能となっています。

 

3分の1以上の借り入れを考えている人は、総量規制が適用されない銀行カードローンとなります。銀行カードローンでは審査が遅くなかなか融資が受けられないようなイメージがありますが、最近では最短で即日融資できるところも増えています。そうした銀行カードローンを利用するようにするといいですね。ちなみに、総量規制が適用されないのは、銀行以外では信用金庫、農協、労働金庫などがあります。


返済しながら借りる場合記事一覧

カードローンの申し込...

カードローンで借りた...