カードローンでお金を借りる際に付く利息とは?

金融機関と借入期間で異なる利息

急な出費でまとまったお金が必要…として、カードローンなどからキャッシング。カードローンは申し込みも簡単で、正社員だけでなく専業主婦や学生、アルバイトでも利用することが可能。ただ、申し込んだ先が消費者金融か銀行かで、金利が大きく変わってきます。金利が高く設定されているのが消費者金融で、安く設定されているのが銀行となっているのです。

 

消費者金融と銀行の間には金利の差があるわけですが、その差が融資の通りやすさにも差を作っています。金利が安い銀行は審査も厳しい傾向にあり、金利が高い消費者金融は銀行の審査に比べるとまだ通りやすいものとなっているのです。急いでいるときほど「利用できるならどこでもいい」なんて思ってしまう事もありますが、金利面から見ると安いに超したことはありません。返済の事を考えても、できるだけ利息は少なくなる金融機関でカードローンを申し込むようにします。

 

ちなみに、カードローンでは元金と利息の合計を返済することとなります。利息の計算方法は、「元金×金利×借入期間」です。カードローンは借入期間が短いほど利息は少なくて済みますし、分割して返済するにしてもできるだけ繰り上げ返済することでトータルの利息を減らすことができます。カードローン会社によっては、初めて利用する人には無利息期間といったお得なサービスを設定しているところもありますので、そうしたところも上手に利用することで利息を抑えることができます。


無人契約機が早い

カードローンは、銀行だけでなく消費者金融でも取り扱われています。消費者金融で申し込む際に見かける無人契約機モニター越しに消費者金融のスタッフの方がいて、カメラを通して審査をおこないます。無人契約機は、素早い審査・手続きができるといった特徴があります。

 

今はインターネットで申し込みができる便利な時代です。光の速さで、そして自宅にいながら好きな時間に申し込みができるのですから、忙しい人にしてみてら便利。ただ、インターネット経由では、審査に通ったとしても手元にカードが届くまで時間がかかるものとなります。もちろん、カードがなくてもお金を借りることはできますが、その場合は振り込みといった形になります。やはり、カードが手元にあった方が手間がなくスピーディーでいいのです。

 

無人契約機であれば、審査に通ればすぐにカードが発行されて受け取ることができます。ATMなどが併設されている場合は、そのままお金を借りることも可能。ですから、時間的に急いでいる場合は、無人契約機のほうが断然便利です。とはいえ、利用するにしても無人契約機がある場所まで行かなくてはいけません。普段の行動範囲内に、もしくは無人契約機がいけそうな場所にある場合で、こちらのほうが早く借りられそうであれば利用してみるといいですね。ただし、あまりにも身近な場所にある無人契約機を利用してしまうと、知り合いなどに見られてしまう事もあります。あまり知られたくない場合は、普段行かない場所でそう遠くない場所にある無人契約機をりようするといいでしょう。


関連ページ

借りる前のチェック項目
借りる前に必ずチェックしておきたい事があります。 安心して借りるためにも、一度チェックしておきましょう。
アルバイトや主婦でも大丈夫?
アルバイトや専業主婦といった人でも、カードローンは利用できるのでしょうか? 消費者金融と銀行ではどちらが良いのでしょう。
カードローンvsクレジットvsリボ払い
カードローンとクレジットはどちらも便利ですが、お得なのはどちらでしょうか? また、リボ払いとはどうでしょう?